■ 噴霧式インフルエンザ生ワクチン フルミストについて

  • 鼻の中へ吹き付ける、噴霧型のインフルエンザワクチンです。
  • 2003年にアメリカ食品医薬品衛生局(FDA)に認可されたワクチンで10年間のアメリカでの安全な使用実績があります。2011年から欧州でも認可され発売されています。
  • 低温で培養し、馴化させた生インフルエンザウイルスは、鼻腔内に噴霧させても、低温でないと増殖できないため、正常体温の人に接種しても、なかなか増殖できず、手間取っている間に、免疫が出来上がるという仕組みです。擬似的に軽いインフルエンザに罹患する形となります。鼻腔内で局所免疫であるIgAを誘導することでインフルエンザウイルスの侵入そのものを阻害し、発症予防効果があります。同時に細胞性免疫をも誘導するためウイルス株が違っても、病気を軽症化させる作用もあります。
  • アメリカのmedImmune社アストラゼネカ社の子会社)が製造販売しています
  • 日本では承認されていない未承認ワクチンの扱いになります。未認可ワクチンですので、国産不活化インフルエンザワクチンのような(日本医薬品医療機器総合機構の補償 )はありません。輸入会社の補償 はありますが、基本は自己責任での接種 となります。


アメリカのテレビCMその2


こどもの接種風景

Copyright(C)2014 医療法人社団すこやか チルドレンクリニック All Rights Reserved